しいたけがたべたい

田舎住まいアラサーの備忘録

映画感想

久々に映画を見て、その感想を書いて見たいと思います。ネタバレでしかないです。

 

愚行録をブランチで紹介されているのを見て、見たいな〜〜って思ったら、近所が東宝系しか無くワーナーな愚行録は県外でしかやっていないことが判明。まぁいいかと思ったけどそこまで遠くもないのでドライブがてら行ってきました。

 

感想↓

考えれば考えるほど冒頭のバスシーンがじわじわ沁みてくる。あれを見た時に、この人はなんの苦もなく嘘がつける人だと感じたのに田向の話が始まるとそんなことを忘れて、田中兄目線になってると思いながら話を追いかけてしまって、最後に動揺が止まらなかった。何で最後もまたバスのシーンなのか、そして今回は自ら進んで変わるのか、妊婦さんだからか、ちひろを重ねているのか、妹を重ねているのか。視聴者に一番近いのは橘さんだったんだと感じたエンドでした。

今公式HP見直したらやはり田中って無気力無関心かと思いつつ、人間の嫌な部分もしっかり持ってるな〜って 思った。

田向もクソなんだけどみんなクソだし個人的には母親がほんと愚行の根源なのかなーって思って一番嫌な感じがした。何が前を向いてだよコノヤロウ。
田向のクソさは筋が通ってて憎みきれない。それに振り回された恵美ちゃんは田向がすきで好きでたまらなかったんだろうな〜と。あとは夏原さんの行動原理がわからなかったのがもやっと点かも。分かりやすく悪女には描けないし、宮村と被っちゃうし、それは分かるのだけど〜。宮村さんに近付いたのは何だったんだろ、自分になびかない奴が嫌だったのか、それの彼氏をとりたくなったんだろうけど。それにしても大学時代尾形が好みすぎた。

総じて後を引く面白さというか怖さのある映画だった…

準備

来月から電車通勤予定の為、最近の悩みは専ら駅までの通勤路の相棒をママチャリにするか初心者向けクロスバイクorミニベロにするかです。

だいぶクロスバイクに寄ってるけどママチャリだって機能すごいよねー荷物詰めるし安定感あるし段差もがこんがこん超えられるし。

ただ乗ったことのないものにチャレンジしてみたい という気持ちが、そっちへの好奇心が強い。

 

今の所のクロスバイクへの不安としては

・お金かけといて乗らなくなるのでは

・乗れるのか(運動神経的な意味で)

・盗まれやすいのでは?

・怪我しそう

こんなもんですね。

今、父親にはママチャリにしとけと言われましたけどやはり気持ちはクロスバイク寄り…

もう少し悩んでみます。。。

いまどきおしゃれなママチャリもあるよねぇ…\\\└('ω')┘////

自覚するということ

高校生になったら彼氏ができるとか、

働き始めたら自然とOLらしい服装が好きになっていくとか、

昔々に思い描いていた大人は現実とはまったく違うものだなぁと最近再認識してきました。

 

近々身を固める(という表現は男性向きなのかもしれないけれど)ことになって実感するのは、

思っていたよりも口約束で進んでいくということで。

婚約破棄っていう話は物凄く大それたというか大きな話だと思っていたのですが、

籍を入れるまでの間は何ら変わらない間柄で親友人への誤りというか話を済めばなんとなくできるものなんじゃないかと思った次第です。

(男性からすれば何十万の指輪の購入なりで後に引けない状態かもしれないけど、指輪買ってから断られる人もいるわけで)

式はあくまで好みの問題で、しない夫婦なら婚姻届までは式の前金だって発生しないしこんなもんなんだなぁ〜って、

子供なりつい最近までのイメージだと婚約期間はもっとこう縛られるような感覚だったんですが、違うんだなぁと。

結婚イコール幸せ、キラキラ みたいなイメージがあったからか、

お互いに育ちが物凄く良いおぼっちゃんお嬢様ではないから、ということかもしれないけど。

 

入籍まであと1ヶ月強だというのにこんな意識だったんですが、

式場、日取りを決めた瞬間からやたら結婚するという意識がはっきりしてきました。(籍はもっと早いというのに)

まぁマリッジブルーの一種だったのかなと。いうことに、しておこう。

 

意識というのは自分も勿論だけど周りが作ってくれるもんなんだなぁ なんて、思った次第です。

年末にふと

紅白で星野源さんと照れる新垣さんを見れたので無事年越しが出来そうです。

(くそ可愛かったよガッキー)

akbの投票でさや姉が1位で泣きそうになったし2016紅白は満足です。

 

2016年はいい意味でも悪い意味でも結婚という言葉が憑りついていた気がします。

飲み会で何か話を続けようとすると自然に結婚というワードしか出てこない自分がいました。共通の話題を探したんだセクハラじゃないんだ決して。

自分自身、田舎に住んでいるのもあっていつできるんだろうと考えてしまうし。

職場も、友人も結婚している割合が高くなり、子どもだって2人目なんて話も聞こえてくるし、あせりますよね~。

だから、私、結婚できないんじゃなくてしないんです とか 逃げ恥とかにもハマりやすいんでしょう。

 

昨日友達に どうして結婚しようと思う? って割と真面目に質問されて、

純粋に「この人と一緒になりたい」とか強く思ってるから とは言えない自分がいて、自分としても考えてしまったので久々にブログをしたためようと思いました。

大事に思う人がいる のもひとつ

今の環境を抜け出したい のもひとつ

何かきっかけを求めている のかもしれない

ビビビ婚じゃなければ皆思うことなのかもしれないけど 改めてハッとした自分がいました。

結婚詐欺するわけでもないんだから 逃げようとしている っていうのが理由のひとつにあっても悪いことではないから、責められることもないんだけど、幸せそうな花嫁さんを見てたら自分の考えは邪なのかしら~ なんて思いますね。

 

考えたところで結論が出そうになかったんだけど、ちゃんと考えた方がいいかな。結論があいまいなものでも。大事なのと逃げと打破と。割合は5:3:2かなぁ。

ということで2017年はいそがしくなりそうです。

狩りに

f:id:ozzz731:20160912130706j:image f:id:ozzz731:20160912130710j:image

 

ぶどう狩ってきました。

 

当日は晴れて(行ってから雨ふってきたけど)たので、山の上の農園なのに

激混み。

駐車場もパンパン。

慣れてないおじいちゃん警備員さんに誘導されてなんとか駐車。

ぶどう狩りのお客さんとバーベキュー目当てのお客さんとでいっぱい。

去年もぶどう狩ったんですが、ぶどう狩りっていうかぶどうをひたすら食べるだけ。

狩る瞬間はものすごく早い。はさみちょっきーん 終了。

いや〜狩った感なし。

あとはひたすら食べるのみ。

持ち出しもできないからひたすら食べるのみ。

狩った感なし。

頑張って食べても一人当たり2房くらいが限界じゃないですかね。

ぶどう好きじゃない人は確実にしんどい(まず行かないと思うけど)

 

水分多めのみずみずしいぶどうと緑を楽しめるものですね。

ぶどう狩りとは。

狩る目的でいくとダメですね いちご狩りとはわけが違う(狩ったあとの量が)

来年はさくらんぼ狩りに行きたいのだ!

 

 

 

 

 

メディアミックスとかとか

俺たちのバイブル 東京タラレバ娘がついにドラマ化…

吉高由里子が倫子…

どこぞで見かけた木南晴夏さんが良かったっていうのを見て

すごく納得した気持ちにもなりました。

個人的には吉高さん あぁなるほど う〜ん という 受け入れられるようなギリギリライン感が。

マミちゃんがにこるんだと良いっていうのもみかけて すごくそれ良いキャスティングかと!

まぁドラマ化はアニメ化とは違うからその設定と大筋のストーリーを活かした

別作品になる可能性しか ないわけで。

(忠実な作品あったかしら… あんまりわからない)

別物として楽しもう…

 

日テレドラマなのかー! っていうのが一番がっかりしたところですが、

これははじまってみないと!わからない!

原作の続きもきになるな〜漫画友達に貸して返ってこないな〜かなしみ。

 

 

 

 

 

盆が過ぎれば

次はシルバーウィークでしょうか。

(シルバーウィークも定着したものですね)

 

書籍詳細 - ことりっぷ 神戸|ことりっぷ http://co-trip.jp/book/detail?id=37 

シルバーウィークに向けてことりっぷを買いました。

人生でことりっぷ購入は2度目。1度目は京都。ありがち。

買うまでは若干 ことりっぷ買っちゃうやつ〜! っていう偏見も若干ありましたが、

ちょうどいいかな、、、 と思っております。

 

よいところ

①大きさ

小さいバッグ派の私の鞄にも入るし、ごつくないし、重くないし。

出来るだけ身軽に動きたいときにる◯ぶは厳しい。

 

②かわいい うるさくない

網羅性で言うと確実にる◯ぶでしょう。。。

でもそこまで情報いらない、ありすぎてうるさい、ごちゃごちゃしてる

時にことりっぷは素晴らしい。

あとはスマートフォン様様なわけで、そこまで地図情報に力入れなくても

迷わず行ける現代だし。(むしろ雑誌の地図が読めないかもしれない)

 

③ことりっぷ使ってる〜感

自分だけかな。ことりっぷ読んでます感。あるじゃん。。。?

観光雑誌じゃなくておしゃれなタウンガイド読んでます感…

くだらないけど変に意識してしまう。る◯ぶ読んでます感出して観光したくないお年頃なんです。

 

ことりっぷ以外もおしゃれ観光雑誌はあるけどことりっぷが勝利ですよ

だってことりっぷってもう可愛いじゃん?ブランド確立されてんじゃん?

だからことりっぷさん選ばせていただきますぅ…

インターネットで同じ内容載ってるじゃーん とかもあるけど

本の方が楽だし、電波に左右されないし、付箋つける作業も楽しいし、、、

 

お仕事再開してもないのに早くワープしたい。