しいたけがたべたい

田舎住まいアラサーの備忘録

自覚するということ

高校生になったら彼氏ができるとか、

働き始めたら自然とOLらしい服装が好きになっていくとか、

昔々に思い描いていた大人は現実とはまったく違うものだなぁと最近再認識してきました。

 

近々身を固める(という表現は男性向きなのかもしれないけれど)ことになって実感するのは、

思っていたよりも口約束で進んでいくということで。

婚約破棄っていう話は物凄く大それたというか大きな話だと思っていたのですが、

籍を入れるまでの間は何ら変わらない間柄で親友人への誤りというか話を済めばなんとなくできるものなんじゃないかと思った次第です。

(男性からすれば何十万の指輪の購入なりで後に引けない状態かもしれないけど、指輪買ってから断られる人もいるわけで)

式はあくまで好みの問題で、しない夫婦なら婚姻届までは式の前金だって発生しないしこんなもんなんだなぁ〜って、

子供なりつい最近までのイメージだと婚約期間はもっとこう縛られるような感覚だったんですが、違うんだなぁと。

結婚イコール幸せ、キラキラ みたいなイメージがあったからか、

お互いに育ちが物凄く良いおぼっちゃんお嬢様ではないから、ということかもしれないけど。

 

入籍まであと1ヶ月強だというのにこんな意識だったんですが、

式場、日取りを決めた瞬間からやたら結婚するという意識がはっきりしてきました。(籍はもっと早いというのに)

まぁマリッジブルーの一種だったのかなと。いうことに、しておこう。

 

意識というのは自分も勿論だけど周りが作ってくれるもんなんだなぁ なんて、思った次第です。